2018年12月04日

MADE IN GERMANY


こんにちは。
セイビドーラザウォーク店江田です。


まずは11月に行われたメガネ展示会、皆様のおかげで大盛況に終わりましたことお礼申し上げます。

自身の会社のイベントで恐縮ですが、山梨県で1500本近くの質の高いメガネを一度に見られる機会というのはほぼないのではと思っています。

これから先も皆様にメガネの魅力を伝えられるよう頑張っていきます。



ここからはタイトル通りのブログです。


de.png


僕の周りにはドイツ製の物が多いです。
ドイツ製だから購入しているわけではなく、気に入って手に取ったものがドイツで作られていることが多いです。

元々デザイン大国で有名ですね、建物とか車とか。


デザインと聞くと何となくモノに対して足していくイメージですが、ドイツは逆の様な気がしています。
理に適うよう、ミニマルに、シンプルに作られている事で本質に近い造形だったりになっていると思います。

メガネだとそれが機能美やクラシックブームに対しての新鮮さに繋がっています。



身の回りの物を少し紹介します。

image1.jpeg

image2.jpeg



Selecta(セレクタ)

今年のセイビドー展示会で見つけたブランドです。
知らないブランドでしたがサイズ、シェイプ今一番欲しかったデザインだと思って迷わず買いました。
主流のクラシックでも国産とは違うセンスが光ってて気に入って毎日掛けてます。
ケースのデザインは驚きました。


myki.jpg

mykita.jpg


MYKITA

今の会社に入社する前に掛けていたメガネです。
セイビドーで取り扱いはありませんが、デザイン、質感とても気に入っています。
今はカラーレンズを入れてサングラスとして使っています。
ステンレス製のシートメタルのメガネは多くはないと思います。
頑張ってバイトして買ったこと今でも覚えています。


ドイツ製のメガネではCAZAL(カザール)も有名ですね。

SelectaもCAZALもなかなか普段見られないので展示会に来ていただいて実際に掛けていただきたいメガネです。


最後はメガネではなく紳士服のブランドです。


AW1819-Frank-Leder-Meuten-05-1500x1050.jpg



FRANK LEDER



大好きです。
コンセプトとして着用によるシワ、毛羽立ち、ボタンのキズ等の経年変化に魅力を置いています。
デザイナー自身が生地、ボタンに至るまでの素材を厳選している所もかっこいいです。
ジャーマンレザーと呼ばれるコットン生地を使用したコレクションが人気で最初は革の様に固いですが着ていく毎に体に馴染んでいきます。
(志村さんと僕はサイズ違いでこの素材のジャケット愛用してます)
SS,AW毎シーズン買うほど愛してます。
おじいちゃんになってボロボロになってても着ていたいです。



最後はメガネではありませんでしたが、僕の周りのMade in Germanyでした!










posted by ラザウォーク店 at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。